エストニアライフ

旅行中でも行く価値あり!エストニアのコスパ抜群な豪華ジム事情!

日本で『ジム』と聞くと、身体を鍛えている男性やダイエット目的の女性、はたまたモデルさんといった一部の人が行くイメージを持っていた私ですが、今回エストニアのジムに通ってみてびっくり!

旅行でも短期滞在だとしてもオススメしたい!エストニアのジム事情をご紹介いたします!

タリンの街を歩くと必ず出くわす”MyFitness”

タリンに到着して街をうろうろすると、いろんなところで見かける”MyFitness”の看板。

 

MyFitness HPより引用

 

タリンの中だけでも14店舗もあり、他のジムは1店舗しかみたことがないというぐらい、ジムといえばMyFitnessなのです!

 

通いたくなる魅力とは?

日本で一度もジムに通ったことのない私。
【ジム = 一部の人が行く】という勝手な方程式から、「わざわざジムに行くなんて…」と思っていた一人でした。そんな私がMyFitnessに通ってみるとあらビックリ!!これはみなさんにもぜひ伝えたい!と思った魅力をご紹介いたします!

 

①50種類以上の機材充実っぷり

初めて行って一番ビックリしたのは機材の充実度合い

よくあるランニングマシーンやエアロバイクはもちろんのこと、

(youtubeも見れちゃいます。日本語設定ができるので日本語で調べられます!驚き!)

 

ウェイトトレーニングができるマシーンたち

 

この黄色いマシーンはフリーウェイトするのにピッタリ!

 

私みたいな初心者が行くと、そもそも機材の使い方がわからない問題が発生するのですが、ダイジョウブ!それぞれの機材には使い方と鍛えられる部位が図でわかるように示してくれているのです。

(無駄のない的確な説明図だこと!)

 

今日は足を!今日は背中を!と自分で決めたら、その部位を鍛えられるマシーンを使うだけ! なんと簡単なのでしょう…ありがたや…。

 

そして、自由に個人ワークができるフリースペースや

 

ストレッチやヨガなど、寝転ぶ系にピッタリなスペースも!(マットもあります)

 

なんなんだ!!
この充実っぷり!!!

てか豪華過ぎません?!

 

②とにかくキレイ

ジムによっては年季がはいってシート部分が破れていたり、ゴミが落ちていたり、臭かったりするところもありますが、とにかくすべての機材とスペースがキレイ!!

また、エストニアの人たちのキレイの基準が日本と似ているのか、みなさん自分が使い終わった後はアルコールでちゃんと拭くんです。

(スペースごとにアルコールスプレーと紙ペーパーが備えつけてあります)

 

③サウナ・プール・ジャグジーの三拍子

声を大にして伝えたいのが、MyFitnessすべての店舗にサウナがあるということ!
さらに後ほど紹介するMyFitness Rävala店プールとジャグジーまでついてるんです!

今日は鍛えるのはしんどいな↓という日でも、ただプールで泳いだり、ジャグジーで癒やされたり、サウナで汗かいたりできちゃいます。

ストーンサウナの石に水をかけたあとの、芯からぐおぉぉとあたたまる感じ。ほんとにたまりません。やみつきになります。

ジムというより毎日のお風呂代わりに使うのもいいんじゃないかな?なんて思っちゃいます。笑

タリン、エストニア、サウナ
本当は教えたくない サウナ大国エストニアの至高サウナまとめ 薪で暖められた石に柄杓で水をかけると、その刹那「ジュー」という音と共に水蒸気と昇華し、その熱はぼくらの身体を温めるー 今回は知られ...

 

④混まない

エストニアあるあるですが、人口が少ないというのもあって基本的にカフェなども混んでて席に座れない!ということがないのです。

このジムも2フロアに渡っていろんな機材があるので、基本的に機材待ちがない!使われていたとしても、違うトレーニングをしている内にすぐ使えるようになります。プールも私の経験した最大人数で8人ぐらい。貸切状態になることも。笑

もはや高級ホテルのジムに行ってる気分♡

日本の首都圏などにいると、「混んでて待つ」って無意識に許容しがちですが、よく考えるとストレスだと思いませんか?あらためてエストニアに来て、首都圏の混み具合って異様なんだなって思いました。快適さにもお金を払っていると考えたら、ここは素晴らしいところです。

▼混まないオススメカフェたちはこちら!

【シーン別】ノマドワーカーにオススメのタリン市内カフェを大公開! デジタルノマドビザの発行を構想しているエストニア。 実際ノマドワークするには環境はどうなの?ということで、タリンでノマ...

 

⑤初心者でも行きやすい

私が思い描いていた一部の人の行くジムは、初心者が行くとすごく浮いちゃって「ひょろひょろが遊びに来るな!」と思われるんじゃないか?と勝手に場違いの行きづらいイメージだったのですが、そんなこと全く無い!

男性だけでなく、女性も普通にめっちゃ鍛えていたりして、むしろダイエット目的の人はいないんじゃないかな?と思うほど。日本の「痩せることが美しい」と違って、身体のラインや筋肉があることなどが美しさの基準なんだろうなと感じます。

ジムは日常。特別な場所じゃない。
そんな空気感なので、ジム初心者でもとっても行きやすいです!

 

⑥体験がたったの3€!

ジム未経験者にありがたいのが一日体験。その体験がワンコインでもお釣りがくるたったの3€(約390円)なのです!カフェ代より安い…笑

しかも太っ腹なMyFitnessは、それぞれの店舗で一回ずつ体験できちゃうのです!旧市街近くに徒歩圏内で4店舗あるので、旅行で来られたとて、エストニアのサウナを体験するだけでも大アリです! (サウナはどの店舗にもあります。さすがサウナも有名なエストニア!)

体験の申込みは簡単!
パスポートをもって体験したいと伝えたらその場で手続してもらえます。
ロッカーの鍵をもらえるのでその場で入れます!運動する靴や服などお持ちくださいね!

▼エストニアはやっぱり安い?!

エストニア、生活費、コスト
移住希望者必見!エストニアの1ヶ月あたりの生活費 エストニアに移住する前、最初に考えていたのが、「日本より物価が安い国で生活したい!」 …そんな期待は淡くも打ち砕かれることになると...

 

一番オススメはMyFitness Rävala店

中心地にあるMyFitnessの店舗で一番オススメの店舗が
「MyFitness Rävala店」

(金融・オフィス街にあって元々は高級ジムだった居抜きなのだそう。)

 

 

オススメする理由は中心地で唯一のプールとジャグジーつき!

(9×11mのプールは広びろ!)

 

サウナはストーンとスチームの二種類も!しかもまだ1周年を迎えたばかりでとってもきれい!!最高でしかないのです。

 

入口にもゲートがありセキュリティ対策もしっかり。

(ロッカーとは別に貴重品いれも使用できます)

 

ちなみにこの記事に登場しているお写真はすべてRävala店のもの。

人生で初のジム通いがここなのでジムに対する目が肥えてしまいました…!他はそんなことないぞって言い聞かせてます。笑

 

住所:Rävala puiestee 4, 10145 Tallinn
営業時間
月〜金 6:00〜0:00
土日    9:00〜21:00

 

プラン&金額

それぞれのプランと金額はこちら!(タリン14店舗すべて同じ)

*Daily package 36€
平日は15:00までに入館。土日祝は営業時間中なら何時でも入館可。

*Full package 58€
営業時間中なら何時でも入館可。

*MyFitness+ Daily package 39€
Daily packageにプラスして、エストニアのMyFitnessどこに行ってもOK!

*MyFitness+ Full package 63€
Full packageにプラスして、エストニアのMyFitnessどこに行ってもOK!

 

入会金がこれにプラス30€
(※オンライン入会だと20€ですがIDが必要だったので私は使えませんでした…がーん)

私は15:00までに行くぞ!という方が行く気になりそうだったので、Dailyプランにしましたが、なんの不満もなかったです◎

入会月こそ30€+36€=66€かかりますが、翌月からは36€(約4,680円)!これって普通なのかな?日本はどうなのかな?と調べてみたら月の回数無制限コースは平均一万円はかかるんですね。
やっぱりすごいよMyFitness。

TrainAwayというアプリを使うと、3€体験後もドロップインが8€でできちゃいます!
さらにおもしろいのが、世界中のジム情報が写真付きでのっているので、ジムLoverには行く先々で近くのジムがすぐ探せて便利!


(東京で調べてみたらこんなにも!)

ダウンロードはこちら→TrainAway
初回25%OFFになるコードは→026za578c0
(登録時に入力をお忘れなく!)

入会方法

入会方法もとっても簡単!

  1. 直接店舗に行き入会したい旨を伝える
  2. いつから始めるか、どのプランか伝える
  3. パスポート提示&書類サイン
  4. お支払い
  5. 完。

入館するためのカードとロッカーの鍵がその場でもらえます。

月途中で入会しても、月末までの日割り金額でしてもらえます!また、退会するときはその旨お伝えしないと翌月また請求書がくるのでご注意くださいね!

 

必要なもの

その場で早速トレーング開始!という方は以下の持ち物をぜひお持ちください!

・トレーニングウェア
・トレーニングシューズ
・タオル(バスタオル)
・飲料水
・水着(サウナ・プール・ジャグジーは着用必須)
・ビーチサンダル(サウナなど利用する場合あると便利)

・体験&入会時はパスポート

シャワーを入る場合は、石鹸や化粧水やクリームなど持っていくことをオススメします!硬水シャワーを浴びた後の肌のカピカピときたら…。

 

旅行でもジムに行ってLet’sディープエストニア!

旅行となると観光地をまわって終了となりがちで、その国のほんの表面しか知ることができません。が!しかし!!体験3€。カフェ代より安いMyFitnessで、サウナを体験するのもよし、旅行で食べ飲みすぎたワガママボディーを引き締めるのもよし!

絶対に観光客がいないディープエストニアをぜひ体感してみてはいかがでしょうか?

旧市街行って、食べて飲んで、MyFitnessのサウナでアルコールを抜く。なんと素晴らしきプラン…笑

▼旧市街のオススメレストランで食べる

エストニアの食を楽しむ。タリン旧市街のおすすめレストラン! エストニアの首都タリンでは、エストニアの伝統的な料理はもちろん、ヨーロッパやアジアなど様々な国の料理を楽しむことができます。 ...

▼穴場のブリューワリーで美味しいビールを呑む

【ビール好きの方へ】エストニアのタリン観光でまだ知られていない穴場教えちゃいます。”põhjala brewery” エストニア タリンの観光地といえば街自体が世界遺産の『旧市街』 それ以外にもここ数年で『Telliskivi Creati...

 

最後はMyFitnessのエレベーターにあった文言で締めくくりたいと思います!

(「エレベーターのボタンを押すんじゃなくて自分を奮い立たせて階段つかおうぜ!」いやはや、人生にも言えますね。)

ABOUT ME
Yuka Yoneda
Yuka Yoneda
友人からの「エストニアよかった」という言葉と、近年の「電子国家」というふたつのフラグがたち、とっても気になったので2ヶ月間の短期滞在を決意。 新元号の発表も、”令和”へ変わる瞬間もエストニア。 フリーランスでウエディングをプロデュースしたり、エスホリのライターとして参加させてもらったりと、なんでもやってみたい好奇心の塊。