エストニアライフ

タリン旧市街の見どころはどこ? 絶対に外せない定番スポット10選!

最近になって日本人観光客も増加しているエストニアの首都タリン

世界遺産に登録されている歴史地区に見どころが凝縮されているので、ヘルシンキから日帰り観光する人も少なくありません。

しかし、白と橙の可愛らしい建物のイメージは想起できても、実際どんな見どころがあるか知っている人は少ないのではないでしょうか?

この記事では、タリン旧市街のおすすめ10スポットを紹介します!

タリンの旧市街

タリン旧市街は外国人観光客にとって最も有名で人気の観光スポット。中世ハンザ同盟時代の景観が保存されている街並みは欧州でも珍しく、タリン歴史地区は1997年にUNESCOの世界文化遺産に制定されました。

ちなみに、タリンの旧市街は下町と山の手(トームペア)という二つのエリアに分けられます。青空に映える白と橙のかわいらしい建物が特徴的な下町と石灰岩の層で形成された丘の上の厳格なトームペア。かつては全く別の街のように門扉で隔てられていたようですが、現在はその二面性が人々を魅了しています。

タリン旧市街はどこにある?

タリン旧市街は、タリン空港から約4.2km、タリンのフェリー乗り場から約1.8kmとアクセスしやすい場所にあります。タリンはトラムやバスなどの公共交通機関Boltというライドシェアリングサービスが発展しているので、安く・迅速に・簡単に向かうことができます。

タリン空港からタリン旧市街への行き方は以下の記事で紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください。

タリン空港から旧市街までの行き方
エストニア観光の第一歩!タリン空港から旧市街までの行き方 エストニアに飛行機でやってきた人たちの多くが最初に行くところは、タリン旧市街でしょう。事実、観光客向けのホテルやホステルも旧市街...

 

歩いて回れる!旧市街定番スポット10選

①ラエコヤ広場

 

タリン旧市街でもっとも有名で多くの観光客が集まるのがこの広場。デンマーク人の占領の前からこの場所で市場が開催されていました。市場は何世紀も開かれ続け、最後の市場は1896年に開かれたそう。

現在も様々なイベントがこの広場で行われます。この広場で行われたタリンのクリスマスマーケット2018年欧州一のクリスマスマーケットに選ばれました。

②旧市庁舎

旧市庁舎広場のシンボルは、14世紀に建築された市庁舎。北欧では唯一のゴシック様式の市庁舎です。塔の上のトーマスおじいさん(Vana Toomas)は変わりゆくタリンを何百年も見守ってきました。

二階では彩やかな「市民の間」厳格な「議会の間」を見学することができます。

URL: http://www.raekoda.tallinn.ee/

営業時間:

10月から6月 (月)~(金) 10:00~16:00 (要予約)

7月から8月 (月)~(土) 10:00~16:00

2019/1/9~2019/2/24は修理のため休業

休業日が多いので要注意 必ず公式サイトで事前に確認してください。

住所: Raekoja plats 1, Tallinn

③市議会薬局

medicine

ヨーロッパ最古の薬局の一つ。現在も薬局としての営業を行っていますが、多くの人々は中世を感じさせる展示を見に訪れます。薬草怪しい小瓶に入った飲み薬、失恋に効果のあるという薬も。見ているだけでときめきを感じさせます。

ラエコヤ広場のすぐ近くにあるので、セットで観光できますよ!

URL: http://raeapteek.ee/

営業時間: (月)~(土) 10:00~18:00

住所: Raekoja plats 11, Tallinn

④城壁

wall下町から山の手へと上がる階段の途中にある城壁。

13世紀に城壁が初めて作られて以来、何度も増築工事や補強工事が行われてきました。かつて2.5kmあった城壁の1.8kmほどが現存しています。

スールクローストゥリ通りムーリヴァ通りの城壁は登ることもできます。

⑤大ギルド会館(歴史博物館)

 

View this post on Instagram

 

Eesti Ajaloomuuseumさん(@ajaloomuuseum)がシェアした投稿

15世紀前半に建築され大ギルドの集会・諸行事が行われた建物は、今はエストニア歴史博物館となっています。かつて結婚式が行われていたといわれるホールで、1万年以上ものエストニアの歴史に関する展示をじっくり鑑賞してみてはいかがでしょうか?

URL: https://www.ajaloomuuseum.ee/

営業時間:

5/2~9/30 毎日 10:00~18:00

10/1~4/30 (火)~(日) 10:00~18:00

祝日は休業(1/1,2/24/,8/20は除く)

住所: Pikk 17, Tallinn

⑥太っちょマルガレータ

 

View this post on Instagram

 

Lennusadam I Seaplane Harbourさん(@lennusadam)がシェアした投稿


16世紀頃には街を守る砲塔として建設されましたが、倉庫・監獄・兵舎など時代とともに様々な役割を担ってきました。「太っちょ」と呼ばれるのは直径が24m、壁の厚さが4m以上もあるから。監獄だったころ、囚人に食事を給仕していて、「太っちょ」だった女性がこの建物の名前の由来だといいます。

現在はエストニア海洋博物館の別館となっています。

URL: http://meremuuseum.ee/paksmargareeta/

営業時間: 博物館は2019年後半より開業と記載あり

住所: Pikk 70, Tallinn

⑦占領博物館(Vabamu)

 

View this post on Instagram

 

Vabamuさん(@vabamu)がシェアした投稿


ソ連による占領とエストニアの独立・自由をテーマにした博物館。エストニアの辿ってきた過去を知ることで人々を自由について考えさせることを目的とした博物館です。「国境のない自由」という常設展に加えて、時期によって内容の変わる特別展が開催されています。

VRなど最新技術を使った体験型の展示が多く、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

KGB刑務所監房(KGB Prison Cells)はこの博物館の別館。こちらもお勧めです。

URL: https://www.vabamu.ee/

営業時間: (火)~(日) 11:00~18:00

住所: Toompea 8, Tallinn

⑧コフトウッツァ展望台

 

View this post on Instagram

 

VisitTallinn ?さん(@visittallinn)がシェアした投稿



海抜47mに位置する小高い丘の展望台。美しいタリン歴史地区を見渡すことができます。

可憐な旧市街、発展を感じさせる新市街バルト海に臨む港。タリンの様々な面を一望できることでしょう。

たどり着くまでの道のりがあまり辛くないのもお勧めポイントです!

住所: Kohtu 12, Tallinn

⑨アレクサンドルネフスキー聖堂

Alexander Nevsky Cathedral_Rainer Süvirandタリン旧市街の雰囲気と比べると少し異質に感じるのは、この教会が帝政ロシア時代に建築されたロシア正教の教会だから。内部は美しいモザイクと聖像で飾られています。

帝政ロシアは、以前ルターの像が飾られていたのと同じ場所にこの教会を建設したといいます。ルター派の人々に対して挑発的ともいえるこの聖堂は、ロシアの支配を想起させるとして、反発心をもつエストニア人も少なくないとか。

営業時間:

(月)~(金), (日) 08:00-19:00

(土) 08:00~20:00

住所: Lossi plats 10, Tallinn

⑩トームペア城

toompea castle↑Riigikogu公式サイトより転載

トームペアは時代が移り変わり支配者が変遷する中で、常に権力の象徴でした。そして、支配者が変わるごとに改築を重ねてきました。

ちなみに、現在のトームペア城は、18世紀後半、エカチェリーナ二世が改築させた状態のものが残っています。現在は国会議事堂として利用されています。

URL: https://www.riigikogu.ee/tulge-kulla/toompea-loss/

住所: Lossi plats 1a, Tallinn

「バルト海のシリコンバレー」は可憐な街

タリンは世界で最も有名なガイドブックの一つLonely Planetによって、2018年には「最も行く価値のある旅行先1位」に選ばれました。

タリンの観光地としての魅力はタリン旧市街だけではありませんが、タリン旧市街を歩き回るだけでも心が満たされることでしょう。

フィンランドやラトビア・リトアニアなどの周辺の国とはまた違った魅力があります。次の夏は、エストニアへの旅行を考えてみてはいかかでしょうか?

 

 

ABOUT ME
アバター
Umabe Momoka
早稲田大学国際教養学部2017年度入学。2018年夏からエストニア・リヴォニア地方のUniversity of Tartuに交換留学中。人文地理学や美術史、戦後の日本のサブカルチャーに興味があります。サウナと水風呂が大好きで、最近は地方都市のサウナを発掘中。それと一緒に、閑古鳥鳴く博物館によく行きます。