Alexのつぶやき

10歳の女の子がクラウドファンディングでエストニアに挑戦!!

「エストニアのお友達と日本のお友達のかけはしになりたい!」と題したクラウドファンディングプロジェクトをご存知でしょうか。プロジェクトの企画者はなんとは日本在住の小学5年生の女の子。彼女は、来る6/19-20にエストニアで開催されるワークショップへの参加を志し、クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げたのです。一体、まだ10歳の女の子がどのようにしてエストニアに興味を持ったのでしょうか?早速見ていきましょう!

エストニアに行ってみたい!

今回クラウドファンディングに挑戦しているのは、井上美奈さん。

クラウドファンディングページより引用


「何かを表現する、アイデアを形にしてみる」ということに興味を持つ、ごく普通の小学5年生の女の子です。

StartupWeekendというアメリカ発のスタートアップに関するイベントや、Robotex Japanというロボットイベントに参加したことをきっかけに井上さんは色々なことを知り、その中でエストニア」と出会ったそうです。

井上さんはクラウドファンディングプロジェクトを始めた理由をこのように語ります。

井上美奈さん
井上美奈さん

参加したイベントで「エストニア」という国の名前をよく聞くようなり、さらに調べてみると「IT先進国」と呼ばれ10代でも起業する人が多いと知りました。国も気候も教育環境も違うエストニアの人たちが、どのように考え、ものを作り、暮らしているのか興味を持ち、どんな国なのか行ってみたいなと思いました。

そんな折に、80代プログラマーの若宮さんとRobotex Japanのメンバーがエストニアでワークショップを開くと聞いた井上さん。「ぜひ一緒に行ってみたい」と思い、挑戦を決意したそうです。

IT大国エストニアが気になるなら、まずはこれを読め! 孫泰蔵氏監修「つまらなくない未来」が発売 遂に出ました!エストニア書籍の新決定版「つまらなくない未来」。 電子政府って何?e-Residencyって?エストニアに視察に行き...

 

 

「できる」ことを増やすために、たくさんのことを経験する

井上さんは、行動することについて、以下のように語っています。

井上美奈さん
井上美奈さん

考えているだけでなく行動をして経験をしていくこともすごく大切だなと思いました。行動をすることで、できることもどんどん増えていくと思ったので、私はチャレンジをすることにしました。

これまで参加したイベントを通して、新しい技術や考え方を知ったり、自分の考えを発表したり、チームで考えたり、それを形にしてみることが楽しいと感じたことが、今回の大きなチャレンジのきっかけになったそう。

若宮さんとRobotex Japanの方々がエストニアで開くワークショップでは、エクセルを使って絵を描く「エクセルアート」を行う予定で、井上さんはワークショップをお手伝いができるような参加の形を目指しているそうです。

また、第二の目標としてエストニアで一緒にアイデアを出しあえるようなお友達を作りたいと語っています。「なんとなく人とのつながりを作りたい」という抽象的な目標ではなく、「大人・子どもに関わらず、日本に帰ってきても継続的に語り合えるお友達が良い」と、挑戦に際して明確なビジョンを持っていることに驚きです。

 

Alex
Alex
ただ行くことだけを目的にせず、現地で様々な活動に挑戦しようとしている姿は、見習うべき素晴らしい姿勢ですね…!

 

現時点の支援状況

6/8現在、目標金額は見事に達成!おめでとうございます!!!

引き続き、6/14 PM11:00まで募集を続けるそうです。

支援のリターンとして、井上さんからのお礼のお手紙、エストニアでの活動報告、Youtubeでの活動報告などがあります。明確なチャレンジ精神を持つ井上さんがどういったインプットを得て、帰国後どのようなアウトプットにつなげるのか気になりますね。

この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひ下記URLから井上さんのチャレンジを支援してみてください。

 

支援する

 

誰もが世界に挑戦できる時代に

エストニアに興味を持った女の子が「エストニアに行って、お友達を作りたい」というチャレンジについて発信し、それを見た人々が簡単に支援できる時代。子どもを含めた若者がどんどん海外に飛び立ちやすい世の中になってきているように感じます。

何を隠そう、ぼく自身も1年前クラウドファンディングで75名もの方々にご支援いただき、エストニアに挑戦できた経験があります。クラウドファンディングはどうしても支援金額に目線が行きがちなのですが、共通の視点を持った仲間と集える場としても機能するため、挑戦者がより安心感を持って新しいチャレンジに進んでいくこともできるんです。そういう意味でも、今回井上さんは同じ視点を持った多くの仲間を得ることができているのではないでしょうか。

エストニアに移住を決めた理由、エストニア、移住
ぼくが悩みに悩んでエストニア移住を決めた理由 Why Estonia? 日本にいてもエストニアにいても、よく聞かれる質問です。 そりゃそうです。遥か遠い極東の島国から、わざわ...

こうした前例が増えていくと、今後若い世代が世界に羽ばたくためのエコシステムが形成されていくかもしれませんね。

井上さんが充実したエストニア滞在を送り、エストニアと日本のキーマンとして二国のかけはしになる未来を期待してやみません。がんばれ!

ABOUT ME
アバター
Alex
SetGo Co-founder / エストニアe-Residency公式ライター エストニア在住。 2016年に世界一周に挑戦し、外資系コンサルティングファームEYを経て、2018年5月よりエストニアへ。現地では、オンライン本人確認サービスを提供している現地スタートアップ・Veriffに参画。その後、ブロックチェーンスタートアップ・blockhiveのメンバーファームとしてSetGo Estonia OÜを設立。Co-founderとして、e-Residencyと連携したサービスを提供している。